カーテック神中(CAR T.E.C.H JIN-CHU)

  • TEL.0120-26-1716

HOME > 実績紹介 >  当社使用の「ダットサン トラック(D21型)」を「湘南ベース仕様」にオールペンします!

ACHIEVEMENT

【実績紹介】当社使用の「ダットサン トラック(D21型)」を「湘南ベース仕様」にオールペンします!

皆様こんにちは!
当社ホームページをご覧頂き、
誠にありがとうございます!

 

さて、今回ご紹介したいのはこちら!
当社で22年使用している「ダットラ」(H8式)です。

 

何の味も素っ気もない、ビジネススタイル。
仕事では大活躍してますが、見た目がダサイ。。。

 

そんな訳でこいつをカッコよく
仕上げていきたいと思います!
もちろん、全て当社社員が仕事の合間を縫って作成したものなので、お気楽にご覧ください!

日産ラシーン
ミリタリー風にディスカバリーしたいと思います!
サビサビですね・・まずはここを何とかします!
最終的にどんな感じに仕上げるか?色々と検討しましたが、 ここは「遊び心」も時には必要と思い、○○ベースカラーでミリタリー風にディスカバリーしたいと思います!
いつも目に入る20年以上酷使された荷台。
サビサビですね・・まずはここを何とかします!
ワイヤーブラシ等でひたすら錆を落としていきます。
「ENDOX」の「錆転換剤RS」。
ワイヤーブラシ等でひたすら錆を落としていきます。
少々ツラい作業ですが、手は抜きません。
ひととおり錆を落としたら次はコレ!
「ENDOX」の「錆転換剤RS」。
赤錆を黒錆に転換して錆を封じ込め、新たな錆を浮き上がらせるのを防止させる優れ物!
今回はENDOXを履け塗りで荷台全てを塗っていきます。
きちんとマスキングから
今回はENDOXを履け塗りで荷台全てを塗っていきます。
この時期ですと30分~1時間程で乾きます。
完全乾燥させている間に塗装の段取りをしておきます。
きちんとマスキングから。
塗装の下地となる塗料(サフェーサー)を吹き付けます。
キャビンの背中(荷台との間)もキッチリ仕上げたいので荷台を外しちゃいます!
次に、塗装の下地となる塗料(サフェーサー)を吹き付けます。  
ここで荷台の本塗りはせず、キャビンの背中(荷台との間)もキッチリ仕上げたいので荷台を外しちゃいます!
フォークリフトで運びます。
”やるんだったらとことんやります!”がCAR-TECH JIN-CHUのモットーなのです!
フォークリフトで運びます。
これでキャビン背面も完璧にキレイにできます!
こんな感じになりました。
『ボロい社有車のオールペンで何でここまでするの?』
『どうせ、たいして見えない場所でしょ?』
いえいえ、”やるんだったらとことんやります!”がCAR-TECH JIN-CHUのモットーなのです!
せっかく荷台外したのだから、骨組みもがっちり補強しておきました
下地から本塗りまで一気に仕上げました!
せっかく荷台外したのだから、骨組みもがっちり補強しておきました!
キャビン背中側の塗装完了!
下地から本塗りまで一気に仕上げました!
このフェンダーミラー、デザイン的にもイマイチです
メッキをチョイスしました!
それから、このフェンダーミラー、デザイン的にもイマイチです。
なのでドアミラーに換装します!
メッキをチョイスしました!
フェンダーミラーの穴も鉄板を切り出し、裏側から溶接してキレイに仕上げます。
経年劣化しているサイドコーキングもやり直しておきます。
フェンダーミラーの穴も鉄板を切り出し、裏側から溶接してキレイに仕上げます。
並行して荷台の作業も進めておきます。
経年劣化しているサイドコーキングもやり直しておきます。
隙間に指でグッ、グッと押し込むようにするのが一番効果的です。
剥がしたステッカー跡の微妙な凹凸も見逃さず修正しておきます。
荷台を車両に取り付け、いよいよオールペンします!
このダットラ、現在まで会社のステッカーを貼って使用していました。
その剥がしたステッカー跡の微妙な凹凸も見逃さず修正しておきます。このひと手間が仕上がりの差に出ます!
荷台を車両に取り付け、いよいよオールペンします!
コーキングもきちんと終了しているのが分かりますね。
まずは荷台から塗ります
ボディカラーは別色にする予定ですのでマスキングを施工します
まずは荷台から塗ります。
ここは汚れが目立たない「ブラック」でいきます!
荷台塗装完了!
ボディカラーは別色にする予定ですのでマスキングを施工します。
灯火類も全て外したこの納得の下処理!
本塗り開始。
灯火類も全て外したこの納得の下処理!
少しでも分かって頂けると幸いです。
1手間、2手間、3手間掛けてます!
本塗り開始。塗りにくい箇所から塗装していきます。
色は自社で作成した艶消しブルーグレー。
塗装直後ですのでツヤが出てますが、時間と共にツヤは落ち着いてきます。
色は自社で作成した艶消しブルーグレー。
正直、某モノマネカラーかも知れませんが、ご容赦ください!
オールペン完了!塗装直後ですのでツヤが出てますが、時間と共にツヤは落ち着いてきます。
インセットを合わせたデイトナホイールに、BF Goodrichのマッドテレーンタイヤにカスタム!
ハンドルもナルディウッドに換装!
「お洒落は足元から」
インセットを合わせたデイトナホイールに、
BF Goodrichのマッドテレーンタイヤにカスタム!
これでどんな道でも走行可能!
ハンドルもナルディウッドに換装!
渋いと思うんですが、どうでしょう?
最後にステッカーを貼り、完成としました!
最後にステッカーを貼り、完成としました!

 

【編集後記】

「1/1スケールプラモ」

 

車というのはA地点からB地点まで移動するツールとして 大変便利な乗り物である。
しかし、時には童心に戻り、遊び心を持った趣味としての車という使い方もアリだと思う。

 

子供の頃、プラモデルを作った時のあのワクワクした感覚で このクルマをカスタムしてみました。
いかがでしょうか?元から比べると別物になったと自負してます。
しばらくはこのスタイルで乗っていこうと思っています!

 

このダットラで湘南界隈やR134などを
走っているかもしれませんので、
見かけたら声を掛けて下さいね!

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。
これからもカーテックJIN-CHUをどうぞよろしくお願いいたします!

当社使用の「ダットサン トラック(D21型)」を「湘南ベース仕様」にオールペンします!

<<前の記事 | 整備実績 | 次の記事>>

お問い合せフォーム

整備実績

お問い合せフォーム

PAGE TOP

Copyright (C) 2014 CAR TECH JINCHU. All Rights Reserved.